伊藤計劃

tweet
share 11039

news

2016-07-12 :「Project Itoh」キャラクター原案・redjuice【Japan Expo】オフィシャルレポートが到着!

「Project Itoh」のキャラクター原案を担当するredjuiceが【Japan Expo】のゲストとして参加。redjuiceがマスタークラスやトークショーに参加し、「Project Itoh」3作品の制作について、フランスの熱狂的なファンに向けて語りました。当日は「虐殺器官」の特別映像の上映や、サイン会などファンとの交流もあり、会場は大いに盛り上がりました。フランスで大熱狂だった様子を速報にてお伝えいたします!

<以下、現地レポートより>

【サイン会】 7/7(木)11:15~12:15

現地ライセンシーであるAnime Limited社のProject Itoh特設ブースにて先着のファンを対象にサイン会が行われた。redjuiceのイラスト集を持っている人も多く見られた。男性ファンが多く過半数(6割以上)を占めた。購入したばかりのBDボックスにサインをもらって皆興奮した様子。EGOISTを通じて知って以来ずっとファンです、毎日来ます!イベント全部見ます!という声も聞かれた。

★redjuiceコメント
「サイン会の雰囲気は日本とは違いますが、東南アジアと似ている感じですね。
言葉が通じないのでなかなか交流できませんでしたが、皆さん来ていただいてありがとうございました!」

【マスタークラス】7/7(木)14:15~15:45

先着のファンを対象にredjuiceが「ハーモニー」トァンの初期の構想から完成型に至るまでをレクチャー。Japan Expo公式サイトで「見逃せないイベント」として紹介されるなど事前の注目度も高かった。
開始前には長蛇の列ができた。直前までPCテストおよびセッティングの時間がとれない中、柔軟にご対応いただいた。モニターに映像が映し出された時にはスタッフ一同拍手。フランス以外から来たファンも参加。普段見ることができない画像の数々が続々とモニターに写し出される中、参加者は食い入るように画面を見つめ、一言も聞き漏らさないようにメモをとりつつ熱心に聞き入った。ライブドローイングが始まると皆、前にイスを移動し、モニターに接近。前のめりでトァンが仕上がる様を見つめる。両手でペンとコントローラーを操り、スピーディーにドローイングする様に皆感嘆した様子。
ドローイング完成後は全員が拍手。
テクニカル面、キャラクターデザインについて、好きなキャラクター、Project Itohについてなど来場者から質問が次々にあがった。
終了後はスタンディングオベーション。参加者の一人は「redjuiceさんの描くスリムでクールな感じのキャラが大好き。
今日は参加できて幸せ。ライブドローイングも見られて感謝です!」と語った。

★redjuiceコメント
「参加者にはファンと絵を描いてる人がいたようですが、質問してくれたのは絵を描いてる人。そういう人たちの雰囲気は万国共通ですね。
終わってほっとしました。」

【「ハーモニー」カンファレンス】7/8(金)16:45~17:30

「ハーモニー」上映会後にredjuiceが作品とキャラクターについて語るトークイベントが開催された。
4,000名収容という会場内最大のスペースで行われた。まずはオファーを受けた時の話やキャラクター原案を作成するにあたっての監督とのやりとり、STUDIO4℃へ通っていた際のエピソードなど裏話を盛り込みつつ、製作過程について詳細に語っていただいた。
続いて各キャラクターのイメージについてのお話。同日に「ハーモニー」の上映会が開催され、その直後に作品が完成するまでのお話を聞けるという、ファンにとっては大変貴重な時間となった。
最後にフランス語字幕付きで「虐殺器官」今冬公開のPVを上映。上映後は会場から拍手が上がった。
終了後はスタンディングオベーション。

★redjuiceコメント
「ここまで話しちゃってよかったかな。。あること以外の部分も話した気もしますが、うまく収まった感じがします。色んな人に聞いてもらえて、僕もほっとしました(笑)」

【ライブドローイング】7/10(日)13:15~14:30

参加者600名超。
様々な質問にお答えいただきながら、「ハーモニー」のミァハをライブドローイング。 今回のredjuiceのプログラムの中のハイライトとも言えるイベント。

前半はご自身のキャリアや、ミァハができるまでの製作過程について質問にお答えいただきながら、後半は来場者からの質問を受けながら、ミァハを描いていただいた。

質問に答えながら60分強で0から彩色までされる様子は圧巻!
ミァハが完成した時には歓声と拍手が起こった。 「30秒以上お客さんの目を釘付けにしたい」と思い、毎回描いていると質疑応答で答えられていたが、まさに思惑通り。来場者の目を60分以上という長時間にわたり釘付けにした。
「このイラストを見て、『ハーモニー』が見たくなった人は?」の問いかけに既に見た人を含め、皆が手を挙げた。
最後はスタンディングベーションが続いた。

★redjuiceコメント
「90分で背景まで描いてフィニッシュで魔法を見せるのが普段のライブドローイング。 今回はそこまでの時間がなく、やってる間は間に合うのかなと思った。
ドローイング中は時間の感覚がふっとぶほどエンドルフィン出てました。」

<Japan Expo全プログラム終了後>

★redjuice コメント
時間がなくて全部回れなかったのは心残りだったけど、
規模の大きさに圧倒されたし、お客さんの熱もすごかった。
感謝しかない。ありがとうフランス!